葬儀社が行う、セレモニーを大切にした散骨

葬儀社としての経験を活かした海洋散骨セレモニー海洋散骨セレモニー私たちの原点は葬儀社である「家族葬のファミーユ」としての経験値です。「お葬式を家族のものに」という考えは、人生最期の時間を雑事や段取りに振り回されることなく、家族水入らずで過ごしてほしいという想いから生まれた葬儀サービスでした。

シンプルで心のこもった時間・空間・サービスで、ご家族の最期のお別れを最良の形でお見送りするのが、葬儀社としての私達の使命だと考えています。

海洋散骨トワエでは散骨を「家族のための儀式」ととらえ、お葬式と同様の想いでご家族が海に還る大切な時間、大切なセレモニーと考えています。

遺骨を直接引き取りに伺います(東京都中央区日本橋から50キロ圏内にお住いの場合)遺骨海洋散骨する前には必ず、ご遺骨を細かくパウダー状にする必要があります。(この作業を粉骨と言います。)粉骨のためにご遺骨をお預けになるときが、形を保ったご遺骨との最後のお別れになります。

大切な方の思い出がいっぱい詰まっているご遺骨を手元から離される、それはきっとお辛いことと思います。色々な想いがこみ上げてくることでしょう。

海洋散骨トワエでは、できるだけご自宅にお伺いし、ご遺骨を直接お預りするようにしております(東京都中央区日本橋から50キロ圏内)。

ご遺骨との最後のお別れのときに故人様への思いを共有し、一緒にご供養をさせていただく。ご遺骨をお預りするときは、とても大切な時間だと考えているのです。

ご遺骨をていねいに扱います手とすり鉢を使って粉骨ほかの業者では機械を使って粉骨する場合が多いですが、散骨を大切な葬送のセレモニーと考える海洋散骨トワエでは、ご遺骨を大切に扱わせていただくため、手とすり鉢を使ってていねいに粉骨いたします。

粉骨後は小分けして水溶性の袋にお入れし、散骨当日まで桐の箱に入れてお預かりします。ご希望があれば粉骨に立ち会って、骨壺をお焚き上げしていただくこともできます。